年 表

この年表は主として大森久雄編『野中至野中千代子「富士案内・芙蓉日記」』(注1)に以下の注に示す情報を加えて作成した。

※1:大森久雄編『野中至野中千代子「富士案内・芙蓉日記」』(平凡社, 2006) 解説 (P240-P254)

※2:山本哲 天気, 65 ( 8 ), 601-603, 2018

※3:野中勝氏情報(写真の裏書きなど)

※4:廣瀬洋一氏寄贈書類より (NPO事務局保存)

※5:富士山頂有人観測72年の歴史 (富士山測候所, 2004)

※6:大森久雄「野中千代子」(『物語明治大正を生きた女101人』,『歴史読本』編集部編, KADOKAWA, 2014) P125-P136

※7:亀井高孝, 三上次男, 林健太郎, 堀米庸三編『世界史年表・地図』吉川弘文館, 1996

※8:布川欣一『明解日本登山史』ヤマケイ新書, 2015, P31, P220

※9:富士山の気象観測90年 (富士山測候所, 1974)

※10:『御殿場馬車鉄道』 (御殿場市教育委員会, 1987)

《野中到・千代子》


《富士山気象観測》


《備考》

世界史年表※7から


1867年(慶応3年)

野中到 筑前国早良郡鳥飼村(現在の福岡市)に生まれる。父野中勝良、母トミ (8月22日) ※1, ※3


1871年(明治4年)

梅津千代子(戸籍名チヨ) 福岡県警固村に生まれる。父梅津只園、母糸子 (戸籍名「ヤス」、野中到の母トミの姉)(9月30日) ※1, ※3


1872年(明治5年)

新橋-横浜間鉄道開通、太陽暦採用(2月)


1875年(明治8年)

東京赤坂葵町に東京気象台が開設され、1日3回の定時気象観測を開始

(6月1日) ※1  


1880年(明治13年)

東京大学教授メンデンホール(T.C.Mendenhall) らが富士山頂に滞在し、重力測定、気象・天体観測。東京気象台からも中村精男、和田雄治が参加

(8月3日-6日) ※9



1886年(明治19年)

帝国大学(東京)創立 (3月)


1887年(明治20年)

気象台技師クニッピング(E.Knipping)らが、天文学者トッド(D.F.Todd)、東京気象台正戸豹之助と須走口頂上で天体・気象観測 (9月) ※9


1889年(明治22年)

到 大学予備門を中退 .気象学に専念 ※1

1890年(明治23年)

千代子 江木本店(神田淡路町)で写真撮影 (1月14日) ※3

*写真裏面に"富士登山前に母に遺すもの也"のメモ

1889年(明治22年)

中央気象台技師 中村精男らが38日間にわたり本格的な気象観測 (8月1日-9月7日) ※9

1889年(明治22年)

御殿場駅(国府津 - 御殿場 - 沼津間鉄道)開業 [Wikipedia]


1891年(明治24年)

到・千代子結婚 ※1

1893年(明治26年)

長女園子誕生(7月27日) ※1, ※6


1894年(明治27年)

到 和田雄治に会い高層気象学への志を披歴、援助を乞うとともに大日本気象学会に入会。恒久的な高層気象観測の必要を説き、温めていた計画を公表(8月) ※1

『気象集誌』に「富士山頂気象観測所設立の為に敢て大方の志士に告ぐ」を発表、世の理解と後援とを訴える(11月)

1895年(明治28年)

到 冬季の富士山頂の状態調査のため御殿場滝河原から登山(1月、2月) ※1  

到 観測小屋の位置選定、建築資材の運搬、土地借用の手続き等越年に向け準備開始 (5月) ※1

到 登頂・観測開始(10月1日) ※1  

千代子が園子を実家に預け出発(10月6日)  1

和田雄治に宛て「気象学会入会を希望する」旨の手紙を御殿場駅より出す(10月8日) 1

「気象集誌」第1輯14巻10号雑報に「野中千代子との通信」として全文掲載 ※2

千代子 登頂(10月12日)  ※1  

 

到・千代子 下山(12月22日) ※1, ※5  

1896年(明治29年)

到・千代子 江木本店(神田淡路町)で登山姿で写真撮影(1月14日)

到『地學雜誌』8~10月号に「富士山気象観測報文」を連続執筆(1月7日~2月1日)

千代子の「芙蓉日記」『報知新聞』に連載(17回)

作家落合直文『高嶺の雪』を明治書院から刊行(9月)

1897年(明治30年)

千代子 萬朝報『新選女大學』懸賞読本に応募、第1等となり賞金100円を得る。同誌附録として刊行

(1月15日)

1898年(明治31年)

長男喬 誕生(1月9日)※3  

1899年(明治32年)

富士観象会を設立 ※9

1900年(明治33年)

富士山巓の観象臺』発行(2月28日) ※3

 

『地學雜誌』5月号・7月号に「富士観象事業に付て」を執筆

1901年(明治34年)

長女園子 尋常小学校 第弐学年修業(3月26日) ※3

長女園子 死去(7月18日) 没年月7歳11ヵ月※1, ※3

富士観象会解散(委員長の渡辺洪基逝去を機に) ※9


1903年(明治36年)

次女智恵子 誕生(1月11日) ※3  

1905年(明治38年)

経営危機にあった御殿場馬車鉄道を買収し、個人で運営 (野中御殿場馬車鉄道) *10

1906年(明治39年)

次男厚 誕生(11月5日) ※3    

1904年(明治37年)

日露戦争(2月)


1907年(明治40年)

佐藤順一 到の助言を得て御殿場滝河原から山頂に登る(1月25日)

「気象集誌」に論文「日本の高山観測」発表(2月) ※9


1909年(明治42年)

三女恭子 誕生(7月6日) ※3     

到滝河原に「大麓閣」を新築 (山頂へ登る観測者のための休息所と山頂との比較観測のため) ※9

1912年(大正元年)

到 東安河原に倉庫建設 (野中倉庫) ※9

1915年(大正4年)

三男守 誕生(5月25日) ※3  


1923年(大正12年)

千代子 死去(2月22日) 享年51 ※1, ※3      

1923年(大正12年)

関東大震災(9月1日)

1925年(大正14年)

ラジオ放送開始(1月)

治安維持法、普通選挙法(4月)


1927年(昭和2年)

「佐藤小屋」完成  (「富士山気候観測所ー設立者東京自動車学校長鈴木靖二ー」「臨時富士山観測所」の2つの看板)※9

1930年(昭和5年)

佐藤順一、梶房吉 3日がかりで登頂(1月3日 )、以後一人で観測し下山(2月7日) ※9


1931年(昭和6年)

極年観測のための予備調査(12月及び翌年1月) 三浦喜一、菅原芳生、藤村郁雄、強力・梶房吉等: 野中倉庫の外壁を強風に耐えるよう、斜めに裾をはり出す方式を検討 ※9

鈴木靖二が設備を中央気象台に寄付「気候」の看板を外す。 8月1日より観測開始 ※9

 


1931年(昭和6年)

盧溝橋事件、満州事変始まる(9月)


1932年(昭和7年)

新観測所建設視察のため、厚、恭子、守と登山

 (9月10日) ※4

 

*この時のエピソードが「野中到翁・晩年の富士登山」(永原輝雄)にある。

1932年(昭和7年)

第2次予備調査(淵秀隆、三宅恒夫、梅田三郎、強力数名等、短波通信成功(7月) ※9

「中央気象台臨時気象観測所」通年観測開始(8月 ) 所長: 岡田武松兼任(実質的責任者: 関口鯉吉) ※9、※5

第二極年国際協同観測の一つとして山頂東安河原に「中央気象みうら台臨時気象観測所」を設立、一年限りの予算で観測を開始 ※5


1932年(昭和7年)

満州国建国宣言(3月)


1933年(昭和8年)

三井報恩会から山頂維持費7,000円寄贈の見通し。中央気象台 昭和9年の観測継続を決定(12月) ※4

1933年(昭和8年)

日本 国際連盟 脱退通告(3月)


1934年(昭和9年)

東朝新聞に「富士山頂の観測所閉鎖の難を免る」の記事掲載(8月19日)  ※4

1935年(昭和10年)

到 東京朝日新聞「富士の絶巓で迎ふ 新婚の第一春」と題した中央気象台技手 菅原芳生・恭子夫妻の記事に声を寄せる(1月1日) ※3

1934年(昭和9年)

藤村郁雄らが廣瀬潔のために「富士山頂風速の記録」(9月21日) 

※4


1936年(昭和11年)

中央気象台 剣ヶ峰に新観測所建設。菅原芳生所長任命(2月)

中央気象台富士山頂観測所設置の文部省令(7月)

剣ヶ峰で観測開始 (8月)

野中倉庫を7.8合に移設、倉庫として使用

廣瀬潔が「颱風時高山岳の風速と被害」を月刊山岳雑誌『ケルン』に掲載(9月)

 

1938年(昭和13年)

廣瀬潔、深田久弥ほか山頂剣ヶ峰から五本松までの2950㍍滑降に成功 (2月) ※9,※4 

陸軍が西安河原に「軍医学校衛生学教室富士山分業室」開所、2.8合には避難所を設置、気象庁と共有 ※9    所長: 藤村郁雄(~1968)


1940年(昭和15年)

山と渓谷社主催冬乃富士座談会に藤村郁雄、廣瀬潔らと出席(10月28日) ※3


1941年(昭和16年)

 中央気象台 御殿場 (当時:駿東郡玉穂村)に事務所開設 (5月) ※9

 


1941年(昭和16年)

真珠湾攻撃・対英米宣戦布告(12月8日)


1943年(昭和18年)

橋本英吉「富士と水銀」『文藝春秋』1月号に掲載p172-204 ※1


1945年(昭和20年)

三男守 ハルマヘラで戦死(3月21日) 享年30

1945年(昭和20年)

東京大空襲(3月10日)

広島・長崎原爆(原爆(8月6日、9日)

ポツダム宣言受諾・無条件降伏(8月15日)


1947年(昭和22年)

『富士山頂』映画化のため、橋本英吉が川端康成、高見順その他新東宝社員の諸氏と共に逗子の野到邸を訪問 (5月20日) ※3 

1948年(昭和23年)

橋本英吉著 小説『富士山頂』初版(3月10日)   ※1


1951年(昭和26年)

サンフランシスコ対日講和条約・日米安全保障条約調印(4月)


1955年(昭和30年)

 到 死去(2月28日) 享年87※1, ※3

1955年(昭和30年)

日ソ共同宣言(11月)